筋トレダイエットにはたんぱく質が必須!プロテインの効果的な摂取法

th_savas2_03

今回は、筋トレダイエットにおけるプロテインの役割について紹介していきます。

 

プロテインでタンパク質不足を防ごう!

th_24301_439511356126381_399495261_n

プロテインがたんぱく質を補給する食品であることをご存知の方も多いはず。筋トレダイエットにおいて、良質なたんぱく質が必須になります。そこで今回は、プロテインを上手に賢く摂取する方法を紹介していきます。

筋トレを実行する上で、通常の食事だけではどうしても、たんぱく質が不足してしまいます。しかも、たんぱく質を含む食材は脂肪も多く含まれていますから厄介です。理想的には、低脂肪のたんぱく質が望ましいのです。

      Sponsored Link

摂取するタイミングは、就寝の2時間前が良いとされています。その理由は、成長ホルモンは運動した後と、寝る前に分泌されるからです。

 

筋トレダイエットに欠かせない!種類別・プロテインの摂取方法

th_workoutmuscle

プロテインには、いくつかの種類があります。その種類によって、筋トレダイエット効果の違いがありますので、その違いについて紹介していきます。

先ずはホエイタイプですが、原料は牛乳から出来ており、吸収率が高く、筋肉の発達に役立つと言われています。但し、吸収が早いので、短時間しか効果を発揮する事が出来ません。

ホエイタイプを飲むタイミングは、運動前がおすすめです。

      Sponsored Link

次にカゼインタイプ。こちらも原料は牛乳ですが、ゆっくり吸収され持続性があるのが特徴です。満腹感が長時間続くので飲むタイミングは、食間と寝る前が良いでしょう。

次にソイタイプの説明です。原料は大豆で、持続効果が長く、消化吸収についてはカゼインと同じくらいです。飲むタイミングは食間食後がおすすめです。

最後にエッグタイプですが、原料は卵になりますので牛乳が苦手な方にお薦めです。飲むタイミングは筋トレダイエットの前後がおすすめです。

 

プロテインの必要摂取量について

th_CJ7347_okawari_06

プロテインの必要摂取量について説明します。筋トレをしている方の必要摂取量は、一般的に体重1キロあたり約2グラムとされています。

ここで注意点ですが、人間が一度に吸収できるたんぱく質の量は30グラムと言われており、取りすぎると逆に太ってしまいます。つまり体脂肪になりやすいので、気をつけなければなりません。

プロテインを摂取するにあたり、タイミングや効果の違いを理解した上でダイエットに役立てて欲しいと思います。いかがでしたか?是非参考にして下さい。

      Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ