確実に痩せる!水中での正しいウォーキングダイエット方法

th_diapositiva110

今回は、プールなどの水中で歩きながらダイエットするコツを紹介します。

 

水の中であっても陸上と基本的に同じ

th_11772665_l

水中で行うウォーキングダイエットは陸上で行うものと基本的には変わりありません。ウォーミングアップをした後に、陸上と同じ基本姿勢を保ちながら無理せず歩いてみましょう。

      Sponsored Link

次に基本的な歩き方に慣れてきたら、歩くリズムに合わせてからだを左右交互にひねってみてください。ひねりを入れることによって上半身・下半身ともにバランスよく痩せられます。

水の中では浮力があるので、普段運動を行う機会が少ない方でも腰に負担をかけることなくひねりを加えた効果的なダイエットを手軽に行えます。また、水の抵抗力が働き、前進しにくいと感じるかもしれません。

しかし、その体にかかる適度な負荷を利用することで消費されるエネルギー量が増え、脂肪燃焼の効果がさらにアップします。

 

姿勢が特に重要

th_14175737_0961

まず、基本姿勢が重要ですので背筋を伸ばしたまま重心を少し前に倒します。目線は真っ直ぐ前進方向に持っていき、ひじを伸ばしたまま腕を振ります。

水中ウォーキングのコツは着地するときの足の動きです。着地するときは、かかとからつま先、といった感じに意識して滑らかに動かします。

      Sponsored Link

歩幅を大きくし、股関節を大胆に開き後ろ足のふくらはぎの筋肉が伸びていることを意識しましょう。水中ウォーキングを実践するときは呼吸法も重要です。

呼吸するときのコツは、ゆっくりと大きく息を吸い込み息を吐き切ります。動きに合わせて呼吸することで、ダイエットに絶大な効果が現れるでしょう。

 

毎日でなくても効果あり

th_d8607e793790cec5a81c7692f69ad955_diet_success

ダイエット効果を得るためには、週に一度でも構わないので水中でウォーキングする機会を持つことです。歩く距離や時間などの制限はありません

さらに、早くたくさん歩くことではなく自分の体調に合わせて行うことが大切です。水中をずっと基本姿勢で歩き続けることに飽きてしまう、という方はウォーキングの間にプールの中でのストレッチを挟んでみてはいかがでしょうか。

動きにメリハリができ、飽きずに続けられるでしょう。水中で歩くことは痩身効果以外に、体脂肪率や血圧が下がるなど健康的な効果も得られます。

いかがでしたか。ぜひここで紹介したコツを参考に、ウォーキングダイエットを実践してみてください。

      Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ