浮かれるとマズい!?炭水化物ダイエットでリバウンドを断ち切るコツ

th_57440477

炭水化物ダイエットの落とし穴

男女問わず、利用者が増えている炭水化物ダイエットですが、

落とし穴が一つだけ存在します。

それが、いつの時代もダイエット利用者を悩ませている、

リバウンドという現象です。

炭水化物ダイエットにも、リバウンドの可能性はあります。

その大きな原因として、「目的の体重まで減ったから、ダイエットは成功した

という思い込みによるものです。

 ダイエットには、完全な終わりは存在しません。

本来、肥満となるのは、食事量と運動量を

適切に取らなかった事が原因とされています。

      Sponsored Link

例え体重が減ってきたとしても、元の食生活などに

戻ってしまうと、その分、脂肪も戻ってくるのです。

これが、リバウンドを起こす、最も多い要因なのです。

th_foods-for-boosting-love-life

リバウンドしない為に必要な事

このリバウンドを起こさない為にも、適度な食事と運動

そして、ある程度の生活習慣の改善が必要になってきます。

炭水化物ダイエットの場合は、勿論、

食事量を元に戻さない事が、唯一の解決法です。

しかし、だからといって、ずっと炭水化物の

摂取量を少ないままにしておく必要もありません。

目的の体重を達成したら、その体重を維持する為に、炭水化物の

摂取量を、一日に必要な分の4分の1以下にまで抑えればいいだけです。

本来の摂取量が、200〜300gですので、

50〜80gまでの間を心掛けましょう。

出来れば、50gを切る方が望ましいでしょう。

      Sponsored Link

そうすれば、少なくとも、月に何回かは

ラーメンやパスタ、お菓子類の摂取も可能になる事でしょう。

特に、ご飯は、精米された白米だけではなく、玄米を混ぜて

食べる事で、リバウンドの可能性を減らす事が出来るでしょう。

果物では、いちご、すいか、柑橘類などが比較的、炭水化物が少なめです。

th_20131223005743_40046

炭水化物ダイエットを続けていくコツ

ずっと、同じダイエット方法を続けていく、リバウンドを起こさない

コツでもあり、今後の食生活の改善にも繋がる事でしょう。

また、炭水化物ダイエットを続けるには、その日のそれぞれの

栄養素の摂取量を保たなければなりません。

例えば、お昼にラーメンを食べたのであれば、

夕食は野菜と卵料理オンリーにするなど、

一日一日の献立を計画する事も、このダイエット方法のコツでもあります。

日々の食事改善が良好になるにつれ、生活習慣病も

防ぐ事が出来るなど、魅力が沢山あります。

適度な栄養素と一定の食事量が、リバウンドしないコツなのです。

      Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ