炭水化物を減らすのが最も効率的なダイエット方法

スクリーンショット 2014-09-04 11.03.02

炭水化物を減らすとなぜダイエットできるの?

効率的なダイエットをするためには炭水化物を減らすのが一番効率的だと

言われています。

なぜ炭水化物を減らすとダイエット効果を高くする事ができるのでしょうか?

それは、肥満とエネルギー蓄積に関する身体のメカニズムが大きく関係

している事が、科学的に証明されているからです。

炭水化物は体内で消化されると糖質へと変化します。

この糖質がエネルギーとなって様々な生命活動で消費がなされるわけですが、

全ての糖質が消費されるわけではありません。

生命活動で消費されなかった糖質は、脂肪となって体内に蓄積されるようになり、

これが肥満の原因になっていきます。

      Sponsored Link

脂肪分も糖質と同じように瞬時にエネルギーへと変わってくれる特性を持っていれば

良いのですが、残念ながらそのような特性は持っていません。

脂肪分は生命活動が危うくなった時の「予備燃料」的な役割を果たすため、

体内に蓄えられ、なるべく消費を抑えるように身体がコントロールをするように

なるのです。

この身体のメカニズムがイコール肥満のメカニズムとなっています。

糖質を減らさない限り脂肪分は減っていきませんので、糖質の原因物質となる

炭水化物を減らさない限りは効率的なダイエットは実現が不可能なのです。

スクリーンショット 2014-09-05 3.08.23

現代人は炭水化物だらけの食生活

現代人の食生活はまさに炭水化物まみれと言っても過言ではありませんので、

「減らす!」と誓った所で中々難しいというのが現実です。

主食であるパンやお米も、うどんやパスタなどの副主食も炭水化物です。

身の回りは炭水化物だらけ」と言っても過言ではない状況が私達の食環境で

あると言うことができます。

それらを減らすには、強い意識を持って臨まなければならない環境である事を、

まずは認識するようにしましょう。

      Sponsored Link

炭水化物の摂りすぎで起こる弊害

人間の身体は生命活動エネルギーの根源である糖質が不足すると、

「予備燃料」である脂肪分を燃焼させてエネルギーを得るようにプログラムが

なされています。

炭水化物を減らすようにすると、必然的に体内の糖質が少ない状態になりますので、

身体は脂肪を燃やしてエネルギーを確保しようとします。

この時にお米やパンなどを摂取して糖質を補充してしまうと、身体は大切な

「予備燃料」の脂肪を燃やす事はせず、糖質の方を優先的に燃やすように

してしまうため、脂肪分が減ることはありません。

この悪循環が繰り返されると脂肪の蓄積が多くなり、結果として「肥満」の状態

になってしまうわけです。

スクリーンショット 2014-09-05 3.16.07

炭水化物の控えすぎも避けよう!

ここまで読むと、「そうか、じゃあお米やパンを取らなければ良いんだな

という風に思ってしまうかもしれませんが、それは誤った認識です。

生命活動を維持するためにはエネルギー源である糖質が欠かせませんので、

過度に炭水化物を控える事は避けなくてはなりません。

健康的にダイエットをするためには、以前に摂取していた炭水化物の量を

6割程に抑えるのが最も良いと言われています。

適度にお米やパン、パスタやうどん等を摂取しながら健康的なダイエットを

果たすようにしましょう。

      Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ