水泳ダイエットに効果的な泳ぎ方を知ろう!継続の秘訣も紹介

th_swim-main

今回は、簡単に効果が出る水泳ダイエットの方法を紹介します。

 

水泳ダイエットの驚きの効果とは?

th_1403663648990

運動で痩せるダイエット方法のうち、最も消費カロリーが高く、効果が出やすいのが水泳ダイエットです。

      Sponsored Link

ウォーキングと水泳を、それぞれ1時間行った場合には、前者の消費カロリーが150キロカロリーに対して、後者は泳ぎ方によって変わりますが、だいたい600から1000キロカロリー消費できると言われています。

つまり、限られた時間で痩せやすい方法と言えるのです。消費カロリーが高く、陸上で行う運動と比較して、心臓や足腰に負担がかかりにくく、健康的に痩せるにはもってこいではないでしょうか。

 

ダイエット効果を高める泳ぎ方!

th_diet-exercise-weight-loss

水泳ダイエットで効果を出すには、泳ぎ方が重要です。まず消費カロリーが一番高いのはクロールです。クロールで1時間あまり休憩をはさまずに、泳ぎ続けたときの消費カロリーは約1000キロカロリーと驚きの結果です。

水の抵抗は、空気中の抵抗と比較すると10倍以上ですから、水中で運動することでインナーマッスルが鍛えられ、基礎代謝が向上し、消費カロリーも高くなります。よって、泳ぎが得意な方はクロールで30分以上泳ぐとよいでしょう。

      Sponsored Link

脂肪が燃えるまで30分程度かかりますので、この時間を目安に泳ぐと効果大です。クロールで泳ぐときは、手の甲から足の裏まで体が一直線になるように意識しましょう。

体の力を抜いてリラックスし、息継ぎはコンパクトに行って遠くの水をかくように体を伸ばして手首のスナップを効かせて力強く泳いでみて下さい。

 

水泳ダイエットを継続する秘訣は?

th_スクリーンショット 2015-05-13 18.49.47

 

全身の筋肉を使った運動の中では効果が大きい、魅力たっぷりの水泳ダイエットですが、注意点があります。それは決して無理をして泳がないということです。

全身運動で高い消費カロリーが期待できるクロールですが、慣れないうちは長時間泳ぐことは簡単なことではありません。メニューを工夫してクロールだけではなく、平泳ぎや背泳ぎなど比較的楽にできる泳ぎ方も取り入れます。

平泳ぎや背泳ぎでも、クロールほどではありませんが消費カロリーが高まります。また泳ぎ続けて疲労感を感じたら、水中ウォーキングに切り替えましょう。

いかがでしたか。消費カロリーが高い泳ぎ方と、そうではないものを取り入れ体への負担を上手く軽減させながら水泳で効果的にダイエットしてみませんか。

      Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ