豆乳ダイエットに効果的な毎日の摂取量!摂り過ぎるとガンの危険性も

th_doctor-counsels-woman-and-man

今回は、豆乳ダイエットを毎日続ける為の大切なポイントを徹底解説していきます。

 

適切な分量を守る

th_466338565-1

毎日ダイエット目的で豆乳を過剰に摂取すると、生理不順が起きたり生理の周期が長くなったりします。

他に子宮ガンや乳がんのリスクが上がったり、子宮内膜増殖症等の可能性を高めるといった、体に良くない影響が出る事もあります。

      Sponsored Link

内閣府食品安全委員会で決められた大豆イソフラボンの摂取量は、一日あたり70〜75mgと定めているようです。

日本人は特に大豆製品を含む食生活をしているので、大豆イソフラボンの摂取量を既に十分満たしている方も居るかもしれません。

中でも15歳以下の女性、妊娠中の方、授乳している方は要注意です。しかし豆乳には良質なたんぱく質、カルシウム等必要な栄養素も含まれており毎日飲んで欲しい食品には変わりありません。

過剰に摂取せず、自分に合った飲み方で続ける事がポイントとなります。

 

食事の30分前がおすすめ!

th_Woman holding clock over her head

ダイエットは短期間では意味がありません。毎日飲み続ける事で、体重に変化が徐々に表れてきます。焦らずに飲み続けて痩せるその時をじっと待ちましょう。

食事の30分前に飲む満腹感が出るので、朝ごはんや夜ご飯の30分前に飲む事をおすすめします。

      Sponsored Link

また、大豆由来のたんぱく質はゆっくり消化されるので無理なくダイエットが出来るという嬉しいメリットがあります。

そして嫌な脂肪がつきにくく、食事の30分前に飲めば痩せやすい体質も作ってくれます。外食や夜の付き合いが多く不規則な食事でお悩みの方にもおすすめです。

豆乳に含まれる栄養素は沢山あり、ビタミンからカルシウム等様々な栄養バランスを整えてくれ、肝臓にも良い働きをしてくれる優れものです。

 

ダイエットの他にもさまざまな効果が!

th_スクリーンショット 2015-02-07 21.02.33

豆乳は毎日少しずつ飲む事でダイエットに繋がります。その他に生活習慣病予防や骨密度を高め、食べ過ぎ防止等、魅力的な事が沢山あります。

代表的な成分のイソフラボンや抗酸化作用があるビタミン類等の栄養素は体内に長くとどまる事が出来ませんので、豆乳は決められた分量を心がけて飲む事をおすすめします。

いかがでしたか。食事前に毎日こつこつ続けて飲むとメタボの改善に繋がります。是非お試し下さい。

      Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ