夜の就寝前には豆乳がオススメ!ダイエットを助ける嬉しい効果が!

th_bigstock-Man-comfortably-sleeping-in-hi-15694625

今回は快眠を促したり夜食を我慢出来たり、そんな魔法のアイテムを紹介します。

 

快眠を促したり美肌効果がある!

th_IMG_2023

豆乳満腹感を持続するのに優れていることから就寝前に飲むのがおすすめです。

例えば夜にトイレ等で目が覚めてしまっても、またお腹が空いたからとつい間食してしまうのを妨げてくれる効果があり、ダイエットに適しているのです。

      Sponsored Link

さらに睡眠中は肌や筋肉の細胞回復をしてくれます。

豆乳は大豆に含まれるイソフラボンがコラーゲンやヒアルロン酸の働きを良くしてくれるので、寝る前に飲むと、ダイエット中に起こりがちな肌荒れ防止にも役立ちます。

3拍子揃った嬉しい効果として、夜寝る前に飲むメリットは快眠を促す働きや腸を整えてくれる作用もあり、美肌にも最適と言われています。

 

満腹中枢を刺激する作用

th_original

豆乳は満腹中枢を刺激してくれる作用があるので夜の食事前に飲むと、後一口ぐらいと気の緩みがちなご飯のお代わりや、食べすぎ防止に役立ちダイエットの強い味方になります。

      Sponsored Link

もしくは一日の中で野菜がなかなか食べる時間が無い等お悩みの方は、夕食前に青汁を混ぜて飲むと更なる効果をもたらしてくれます。

美味しいものを食べて健康的に夕食を取れるので青汁豆乳がおすすめです。

詳細はこちら ⬇️⬇️

とは言いつつ、夜は大好物のおかずが並ぶ事も多く、ダイエット中でも美味しいものを好きなように食べたいと思うかもしれません。

そんな時は食事前に飲んでおけばお腹が満たされる効果があるので、大好物のおかずでも食べ過ぎ防止にひと役買ってくれます。

 

温めてもOK!

th_cafea

豆乳は温めても栄養素が壊れないしカロリーが無いので、ご飯の料理に使用してもよし、温めて飲んでもよしな万能ダイエット食品と言ってもいいでしょう。

調整・無調整タイプの2種類があり、味の特徴にも違いがあります。

その特徴を活かして夜のダイエットに役立つ豆乳の取り入れ方を紹介するならば、無調整タイプは大豆の味が濃厚で料理に混ぜて使用する事をおすすめします。

体を温めてくれるので、ポカポカ気分で眠りに付く事も出来ます。

また、調整タイプの方は飲みやすいように甘みや脂肪分が含まれているので飲み心地がいいです。夕食後のおやつ代わりに飲むのがおすすめです。

いかがでしたか、この機会に一度お休み前に飲んでみてはいかがでしょうか。

      Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ