やり過ぎは逆効果!筋トレダイエットの正しい頻度を伝授

th_スクリーンショット 2016-02-13 3.10.52

今回は、筋トレダイエットの適正な頻度について詳しく紹介します。

 

オーバートレーニングは絶対にダメ!

th_スクリーンショット 2016-02-13 3.22.17

筋トレダイエットは正しい頻度を守らなければなりません。

毎日やる無謀なオーバートレーニング筋肉の細胞や繊維を痛めてしまい、筋肉離れや、捻挫をしてしまったり、腰を痛めたりと、怪我の元になります。

そこでまず考慮したいのは、筋肉に疲労回復時間を与える事です。

筋肉は再生を繰り返す事により強くなっていく仕組みを持つからです。

トレーニングを実行したら、1日〜2日置いて、筋肉の再生や疲労回復する休息時間をしっかり取りましょう。

完全に筋肉疲労が回復していない時に実践してしまうと、十分な効果が得ることができないからです。

始めたばかりですと、体が慣れるまで時間がかかります。そこで、自分にぴったり合った正しいトレーニングの頻度を知る必要があります。

      Sponsored Link

筋トレダイエットの頻度は週に2〜3回がベスト

th_スクリーンショット 2016-02-13 3.03.20

筋肉痛の程度や疲労回復の状況を考慮しながら、筋トレの頻度を決めていきます。

ただし、休みすぎもいけません。

目的が健康維持なら問題ないのですが、ダイエット効果を得たい場合、個人差もありますが一般的には週2〜3回のペースが好ましいです。

これは、大体48時間〜72時間くらいが筋肉疲労に対する回復時間の目安とされているからです。

基本的にはダイエットに集中しすぎて無理をしない事です。臨機応変な頻度を心がけましょう。

筋トレの時間はバラバラではなく、いつも決まった時間を設定しましょう。

可能であれば、交感神経が活発な昼食後2時間〜夕方18時までが効果的です。

      Sponsored Link

筋肉の回復速度は人それぞれ

th_スクリーンショット 2016-02-13 16.10.45

筋トレ後の回復速度個人差があり、男女でも差があります。

また、途中経過をメモする事もダイエットの効果をより高めてくれます。

自分に合った筋トレの方法と頻度は、記録を付けていく事により、無理の無い効果的なダイエットの目安になります。

疲れすぎていたり、少しの風邪だからと無茶をせず、休むときはしっかり休息を取るように心がける事が最も重要です。

一般的に、筋トレに集中できる時間は45分〜90分くらいで、自分は我慢強いからと言ってがむしゃらにトレーニングをするのも良くありません。

短時間に集中して望むのが理想です。但し、ウォーミングアップの時間は必ず確保してください。

いかがでしたか。今回の内容を目安として筋トレダイエットを行うことをお勧めします。

      Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ