ウォーキングダイエットは「歩き方」で決まる!効果的な方法とは?

th_walking

今回は、ウォーキングダイエットで痩せるための歩き方について紹介します。

 

ウォーキングダイエットの歩き方を知ろう!

th_130917152314-tired-runner-woman-exercise-story-top

ウォーキングダイエットを始めるにあたり、成功へのポイントは歩き方にあります。苦しい思いをして長い距離をたくさん歩いたり、猫背でダラダラと歩いたりしても、痩せる効果は実感できません。

      Sponsored Link

ウォーキングダイエットで痩せるには、効果が出るように毎日継続して歩くことと効率的な歩き方が重要です。

継続して実行するためのコツを取り入れるだけではなく、これから紹介する痩せるための歩き方を実践して、余分な脂肪を落としてしなやかなボディを手に入れましょう。

 

ウォーキングダイエットを始める前に

th_スクリーンショット 2015-05-16 0.26.17

まず、普段ウォーキングをしない人がいきなり歩こうと思っても、ストレッチをしてカラダを慣らしてからでないと痛めてしまいます。体に負担をかけないように歩くには、筋肉や膝やひじの関節を温める事が大切です。

そこで、柔軟体操や関節を柔らかくするストレッチを行います。ストレッチを行うときは、深呼吸をしながら心身ともにリラックスすることを心がけ、足の関節を中心に無理なく伸ばしましょう。

関節を伸ばすときは10〜15秒程度伸ばしたままにしてみてください。伸ばす時間をゆっくりとることで血流が良くなり、カラダも温まってほぐれます。

      Sponsored Link

ストレッチをしてカラダがほぐれることでケガの防止にもなり、安全にウォーキングダイエットすることができます。なので必ずストレッチも行いましょう。

 

ダイエットに効果的な歩き方とは?

th_brisk-walking-exercise

ダイエット効果を期待するには「正しい姿勢フォーム」「適度な呼吸」を守った歩き方が大切です。頭上から空に引っ張られているようなイメージで、頭のてっぺんからつま先まで真っ直ぐに姿勢を正します。

顔は正面を向き、視線は遠くを見るようにしてみてください。肩の力を抜いて肘を軽く曲げ、ウォーキングするリズムに合わせて肘を前後に大きく振って歩くとダイエットに効果があります。

正しい姿勢と歩くリズムに合わせて適度に呼吸をすることで、脂肪を効率的に燃焼できるため痩せやすくなります。正しい歩き方で自分のペースを守って歩いてみて下さい。

いかがでしたか。継続して歩くことで、想像以上に痩せられるはずですのでぜひ実践してみてください。

      Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ